はめにゅー

高須クリニック院長の新刊、自ら絶版になる

『ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 』は、高須さんのエッセーや西原さんのマンガなどで構成され、2人の交際の様子が描かれている。Amazonでは2016年6月2日現在、本の売れ筋ランキング1位になっているこの書籍がなんと廃棄処分に!

CMでもおなじみの高須クリニック院長・高須克弥さんと漫画家の西原理恵子さんとの共著『ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 』を出版社が回収し始めた。

高須院長は、版元の小学館から不適切な表現を指摘された上で書き直しを要請されたが、これを拒否し、絶版にしたことを明かしている。

回収理由について小学館は、「編集上の不備のため」「不備の内容は言えない」としているが、どうやら差別用語が原因のようだ。

破滅派では差別用語の使用に慎重なため、ここでは具体的に表記はできないが、ヒントをいうならば、江戸時代の「士農工商」の次の第5、第6の身分を表記していたのだ。

もっとも、この表記は高須院長が自分の幼少時代を振り返る部分で使用しているので、差別を正当化したり助長したりする意図はない。

なお、破滅派ではトップページやランキング以外では、差別や卑猥表現がつかえるので、高須院長さんが破滅派に来てもらえることを期待する。