投稿一覧 2,402件

投稿を新着順に表示しています。

  1. 乙女椿日記(8) 乙女椿日記 / エセー

    • 田中椿
    • 12年前
    • 0文字

    本気だかキャラだかわからない。でも、謎は必要でしょ? だって乙女なんだから。

  2. 十六歳 小説

    • 柳澤仲次
    • 12年前
    • 9,064文字

    エロ本の自販機へとひた走る、「俺」とリョースケの十六歳。あのとき吸った煙草の味は、けっして忘れないだろう――どうでもいいことが、一番眩しかったりする。青春を暖かく描いた群像喜劇。

  3. 逆行の盆(後編) 小説

    • 佐藤
    • 12年前
    • 6,983文字

    落雷で死んだ男は、排泄物を尻から吸い込み、完璧な料理として吐き出す力を身に着けた。吐き出した食物を知人に分け与えると、美味い美味いとありがたがる友人たち。そんな悪ふざけが続く中、旧知の女性と食事…

  4. 門前町に鐘が鳴る 小説

    • 柿人不知
    • 12年前
    • 12,393文字

    突然の病に倒れた妻は、日に日に弱っていく。悔悟すれども甲斐のない妻を救ったのは、宗教だった。二人が住むことを選んだ門前町に、優しい鐘と説法が響き渡る。

  5. 方舟謝肉祭(17) 方舟謝肉祭 / 小説

    • 高橋文樹
    • 12年前
    • 8,850文字

    太平洋には亡霊が出る――性格の悪い語り手Fが織りなす新しい小説は、これまでの宗おじさん像を覆す物語だった。メタフィクション海洋冒険小説は、種村船長を語り手に据え、新しい様相を帯びていく。

  6. 方舟謝肉祭(18) 方舟謝肉祭 / 小説

    • 高橋文樹
    • 12年前
    • 10,593文字

    順調だったはずの船旅に、松永宗光が暗い影を落とす。慎重を期さねばならない外洋航海では、ちょっとした気の緩みが命取りとなるのだ。そのことを知る種村船長は、松永たちを諫めるのだが、一向に収まる気配は…

  7. 日野々瀬、人乃瀬、血津、逝花瀬。

    • 藻朱
    • 12年前
    • 506文字

    ダダイスムを彷彿とさせる破壊的自由誌。

  8. Re:現代文解答用紙 評論

    • ほろほろ落花生
    • 12年前
    • 0文字

    紙の破滅派創刊号にて物議をかもしたRe:現代文の解答用紙。破滅派二号では解答例も紹介されてます。このコンテンツをもっと楽しみたければ、hamazon.comから紙の破滅派を買いましょう!

  9. 対談 小説

    • 柿人不知
    • 12年前
    • 13,292文字

    いつだってわかりあえないのは男と女。等しく彼女を思う「僕」と「私」の対話編。学生時代のほろ苦い思い出を描いた、失恋小説。

  10. 夕凪の部屋(6) 夕凪の部屋 / 小説

    • 竹之内温
    • 12年前
    • 6,295文字

    同じスニーカー、狂ってしまった母の話、大学、ビートニクス、東京。言えずにいた思いが部屋の中でひっそりと強まってゆく。閉ざされた空間での思いを描いた傑作長編。