タグ: 歴史 11件

  1. 1988年の●● 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 9年前
    • 11,411文字
    • 検閲済み

    ※2015年初頭に書いた作品(未公開)を手直しした。 ※作中会話等の一部は作者・その親戚や友人の体験を含んでいる。 ※2015年11月6日、「小説家になろう」より削除される。

  2. “誇り”高き人々 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 9年前
    • 11,224文字

    ※ 本作は、本当はある連載作品の中でハーフの主人公が体験する一エピソードとして創作されたが、事情によって短編に改作した。 ※ 一部は作者の体験の基づいている。

  3. 国歌の花道 評論

    • 太郎次郎ゴロー
    • 17年前
    • 20,137文字

    ほとんど見向きもされない音楽ジャンル「国歌」はこれほど豊饒な世界だったのか! ていうか、ガキに無理やり歌わせようとしてんじゃねー。

  4. 一 「動き出す歯車」 続・血は世界に満ちて / 小説

    • Juan.B
    • 8年前
    • 9,113文字

    ※「血は世界に満ちて」のIF的続編である。 “私”が終焉を遂げず、生き続けた数年後。未だ数々の個人的苦しみを背負いながらも“私”は社会に埋没して生きていた。ある日、学生時代の友人である吉村…

  5. 「1988年10月」流浪記録 混血テロル / エセー

    • Juan.B
    • 8年前
    • 1,602文字

    ※所謂「創作」「作品」ではない。「1988年10月」についての記録である。作品その物を見る上であまり意味はないが、表現や規制の一記録なり何なりにはなるだろう。

  6. キャバ論語 小説

    • 飯田正也
    • 15年前
    • 0文字

    孔子の没後、弟子達がキャバクラに対する孔子の基本姿勢をキャバ論語とし編纂したものである。またキャバ論語では意味や読解が難解であるため、翻訳し、解説と要旨をつけ学習用に編集しております。

  7. 無創の英雄 小説

    • 児島啓祐
    • 15年前
    • 14,462文字

    戦国の動乱も終焉を迎え、戦場を失った武功派たちの存在は、もはや前時代の遺物に過ぎなかった。生涯五十七の戦場を駆け巡り、かすり傷ひとつ負うことのなかった無創の英雄『本多忠勝』も、背骨の曲がった老翁…

  8. 徐福はお父さん エセー

    • しょうだまさとも
    • 10年前
    • 10,453文字

    ex. 著しく不当なビーン・ボール

  9. 新生正戯 下 混血テロル / 小説

    • Juan.B
    • 8年前
    • 10,991文字

    ※破滅派オリジナル作品。 パウロとタキは、パウロとエンリケが小さい時に良く来ていた公園を訪れていた。しかしそこへ、警邏中の石原と草薙も現れ……。

  10. 日本古事真記 裏BTTB / 小説

    • Juan.B
    • 6年前
    • 22,190文字

    ※破滅派13号応募作品。 ※テーマ「BTTB」に則り、  原作 「古事記」及び「日本書紀」  原著者 原始日本人(大和王朝?)

  11. 下克上 小説

    • united無ぇtions
    • 3年前
    • 2,395文字

    ** 下剋上 / 下克上 (げこくじょう)とは、日本史において下位の者が上位の者を政治的・軍事的に打倒して身分秩序(上下関係)を侵し、権力を奪取する行為をさす。 だが、征夷大将軍という位は、それ…