愛をぐしゃぐしゃに丸めて、口の中に出してもいいよね?

諏訪靖彦

評論

635文字

前野健太「興味があるの」

 私の好きなシンガーソングライターに「前野健太」という人物がいる。私が言うのもおこがましいが、彼の歌うメロディは凡庸である。凡庸であるのだから、メロディメイカーと言われる作曲家からは遠いところにいる。しかし、彼の紡ぐ歌詞に私は心を揺さぶられ、心をえぐられる。忘れていた、または、心の奥底しまい込んでいた滓を、たった一節で浮上させる。決して言葉にできないと思っていた感情を、彼はいともたやすく、いや、彼にとってたやすいことではないかもしれないが、たやすいと思わせる言葉で私に語りかけるのである。
「愛をぐしゃぐしゃに丸めて、口の中に出してもいいよね?」

(「オレらは肉の歩く朝」収録「興味があるの」)

 フェラチオについての詩であることは容易に想像がつく。メタファーではなく、受け取る人すべてが、同じ意味にとれる直接的表現である。まごうことなく、「ぐしゃぐしゃに丸めた愛」とは精液の事であって、口の中に出すとは口内射精の事である。彼は「精液」を「愛」と表現することによって、口内射精の後ろめたさを自分勝手な解釈で和らげようとする。しかも、自分だけでなく相手に同意を求める。「口の中に出してもいいよね?」と精液を受け止める相手に問う。身勝手な解釈を人に押し付け、それに対して同意を求め、動物的行為のさなか、愛という高次な言葉で嫌と言えない状況を作ろうとする。それが世の男性全体を代弁しているとは思わないが、身に覚えのある男性は多いのではないだろうか。
 私はそんな言葉に心を揺さぶられる。

2019年1月19日公開

© 2019 諏訪靖彦

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

文芸評論

"愛をぐしゃぐしゃに丸めて、口の中に出してもいいよね?"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る