YouTuberになってみた!

千本松由季

エセー

467文字

「破滅派」の合評会2021年11月のテーマが「YouTuber」に決定した。私が前回9月の時に提出した小説『親衛隊 SS』のメインキャラクターが「YouTuber」で、もう書きたいことは書いてしまったので、どうしようかな、と考えて、なんと私がYouTuberになることに決めた。そしてそれをエセーにして投稿する。

YouTuberになる決心するために、不思議な偶然と出会いがあった。前回の合評会の時に私がもの凄く気に入った、一希 零さんの『モニュメント』という作品があって、その方に最後に私が過去に例を見ない、非常識な高得点をぶち込んで、逆転1位になって、次のテーマは1位の人が決めるので、それが「YouTuber」だった。だからやろうと思った。

もともとYouTube の『街録ch』が好きで、インタビューものなんだけど、そのインタビューを受ける人のほとんどが自分もYouTuberで、私もやるかな、という潜在的な意識はあって、この度爆発した。

テーマはnoteでいつも高いビュー数をいただける「小説の書き方」ということに絞った。そして毎回自分の小説を紹介して、読んでもらえるようにした。3本たまったので、それを御紹介します。稚拙の極みだけど、どっかから始めるしかない。

チャンネル登録と、いいね! をお願いいたします。(自分がこんなこと言う日がくるとは思わなかった)。

私のチャンネル『百年経っても読まれる小説の書き方』

画面大き過ぎてすみません。

 

2021年10月1日公開

© 2021 千本松由季

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"YouTuberになってみた!"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る