Get in the Ring?

山谷感人

エセー

571文字

俺達の作品は買うな! は衝撃的であった。

文京区の白山に住んでいたキャバクラ嬢のヒモ生活をしていた時、彼女は出勤前に必ずGuns N’ Rosesの Get in the ring を聴いていた。
「みたいな、じゃなくクソの客相手には、テンションをMAXにしてじゃないて他界しちまう」が大音量で流す時の決め台詞であった。確かに、曲中の歌詞には例の四文字フレーズを多発し、要約すると「偉そうにしているヤツが、ああやこうや云うが、じゃあもう俺達のファンもレコードを買うな!」である。ガタガタ延べられるのならば、売れなくても良いから好きな事をやらせろよ、なる意見なのであろう。
実際は、その曲が発売された時、僕は中学三年生だったのだが「うぉっ! Guns N’ Rosesが僕らの閉塞感を語っている」とセックス・ジャパンなどは小馬鹿にし数少ない年少洋楽ファンは語り、そのアルバムは世界的に大ヒットした。マーケティングの部分もあったのだろう。文学に例えたら俺が書いた文章を読むな! である。そりゃ労力も識らない中学生は「すげえ、ロックだ!」と、狂気しシンパシーを感じる。だが然し、こうした在り方も有って欲しいと、僕は延々と思う。それが文学でもロックでも。
近所のキャバクラがコロナの影響で閉店した故、ただ々々、昼間よりビアを浴びながら白山ヒモ時代を追憶した、オチがない即興エセーである。
スペルすら間違っているかも識れぬ。

2021年4月10日公開

© 2021 山谷感人

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

---

"Get in the Ring?"へのコメント 3

  • 投稿者 | 2021-04-11 00:18

    ガンズやモトリーのような痛快なパーティーロックは、幾つになっても求めたくなるもんだぜ!
    今夜は何だかイケナイチェリーパイでも聴きたくなってきたぜ!

    ロックンロール!!!!

  • 投稿者 | 2021-04-12 08:57

    コメント、サンクスです。
    最近、僕の中ではシンデレラがリバイヴァルでヘヴィローテーションしています! ロックンロール!!!

    著者
  • 投稿者 | 2021-04-12 21:55

    そういえば昔、ミクシィの頃に、イッピーさんが、シンデレラの泥臭さがたまらないと言っていたのを覚えてるぜ!
    デトロイトロックシティの我が母校では、コロナ・ウイルスがクラスター起こしてて気兼ねなくROCKできてないわけだけど、クワイエットライオット辺りのパーティーロッケンロールで、ご機嫌にいきたいもんだぜ!

    ロックンロール!!!!

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る