糞尿

伊藤卍ノ輔

エセー

3,149文字

文学的スカトロプレイ、いざ開幕! てなにが文学だ。

こんな気持ちで小説書けるか、バカ。

いつぞや飲み会で編集の方が小説書くには幸せじゃないと駄目だと言っていて、そのときは頭でなんとなくは理解してそれっきり、でもきっとこういうことだったんだと今になってから。わかったところでどう立て直す。

「隊長」

「はいはい、どうした」

「自分、ヨンパチもできますよ」

ヨンパチとは当務二連続、二十四時間勤務二回、拘束時間四十八時間の俗称。隊長笑う。

「マァ、どうしても足りないときはなぁ」

「いえ、あのホント、いつでも大丈夫なんで」

当務予定当務日勤当務副職でくたばってるやつがどの口で。借金返済? 枕詞は京の夢大阪の夢。

なんか毎日が溺れてるみてーだな。あっぷっぷっぷフゥ、あっぷっぷっぷフゥ。「ぷっ」が三回につき「フゥ」が一回。そりゃあ酸素も使い果たす。なんてただの言葉遊びじゃねーか、ごまかすなごまかすな、これだからブンピツカシボーはよぉ。ああ、テメー誰に向かって言ってやがる、て俺だよ俺。

雨続きでメランコリック。下人の行方は俺しか知らない、令和の東京で警備員やってんだってサ。聞いて驚くな時給千円未満でボーナスなし、これでも正社員ヒカエオロォ!

ごまかしみてーな最低賃金の上げ方するんじゃねー、貧乏にケチがつく。こちとら赤貧でケツの穴まで洗ってんだよ、死ね。

ベベベン! 時は遡る。今は昔、令和元年十一月の事である。千葉県のとある小汚ぇ住宅街の片隅に伊藤卍ノ輔というものありけり。そのワイフ、コーヒー片手に曰く「もう十一月になったよ」

「うん、え。なんだっけ」

「夏に一回話して、十一月になったらもっかい話そうって言ったでしょ? あれ」

覚えてます銚子港にて。

「ああ、あれあれ。どうよワイフとしては。シフト増やしてもらって少しは給料上がった。て言っても借金返せてないけどね全然」

三万が気が付いたら百六十万だもん、笑うよ。笑えるかバカ。色々あったんだよ、人も殺した。

「やっぱり別居して、卍ノ輔は実家で返済に専念したほうがいいんだと思う」

ここでの話し合いで判明した事以下の通り。

①ワイフには春ごろから好きな人がいました。

②その人に「ワイフさんが結婚してなかったら絶対俺が付き合ってたのに」と言われました。

③でも浮気はしてないけどでも一緒に旅行はしましたけど卍ノ輔には別の友達と旅行て言いましたけど卍ノ輔には薄々わかってました。

④卍ノ輔の淹れるコーヒーは薄くて話にならない。

まぁ全部わかってたけどもね! ワキガの勘もバカにならんよ。二人の写真を剥がす倒すなど、露骨の帝王ロコッティかキサマ。

されどワイフを恨むる気持ちなし。実情は借金まみれのED男に愛想の尽きた可哀想な人。色々あったんだよ、誰にもわからない俺たちにしかわからない。

「じゃあどうする? 別居して、お互い自由恋愛にする?」

「付き合ったりセックスしたりは、なんか不倫だからオレはちょっと……卍ノ輔はしなよ」

いや身持ちかてーな、花崗岩かよ。俺の身持ちはフランソワーズ・砂岩~♪ てこれじゃ話逆だよ。

そんなこんなで好きな人ができました。

いやいや違うんスよ、読み手さん。聞いてくださいよ。俺今までワイフ一筋だったんスよ。いやホントホント。でも「他に好きな人がいる」「あんたもレンアイしていいよ」て言われるとね、視界が開けちゃうんスよ。びっくりっスよ!? そりゃワイフはいまでも特別な存在スけどね、はいヴェルタースオリジナル。恋となるとまたちょっとね。サルトルとボーヴォワール。タマシギはメスのほうがオスをとっかえひっかえらしいスよ。関係ないって? 多分ありますよ。

「すみません、さっきは変なこときいちゃって……」

これ言われるちょっと前、ワイフとの別居の話をしたんスよ。

「ああ、ゼンゼンゼンゼン! マァお互い相棒みたいなもんで、その分他の人に恋しちゃうと流されちゃう感じで。もう俺もスッキリしてるんですよ!」

「ああ、ごめんなさい私ちょっと」

俺はココダ!と思ったね。

「ところで○○さん、カレー好きですか? 今度カレー食べに行きませんか」

説明しよう! タイミングに意味なし! カレーに意味なし! 初デート心霊スポットでフラれたあの日から大分成長したんじゃない? 和志が悪いんだよ、ほんとのこと言おうとすりゃそりゃこうなる。

二月で予定空く日教えてくれるとのことでライン交換、丁度桜の咲く頃ですね、まだだよバカめ。

それ以来通算百三十八億回は携帯確認してるけど一向にこないよーーーーひと確認一年で宇宙ができる、俺ってもしかして創造主?

昨日も連絡来ナカッタナ。じゃあいつくるの? 今ではないでしょ。ザケンナ私の頭の中のハヤシオサム。

もうこのまま無期限延期かなぁざまーねーな天罰だよ。天罰にしちゃ軽すぎる、もう死ね。

ちなみにその日のためのお洋服はもう買っちゃった、計二万。

よぉしっ、みんないっくよー!エヴィバディセイッ(服買ってねーで金カエセ!服買ってねーで金カエセ!)

は? 借金してる人に娯楽認めないタイプのエヴィバディかキサマら?

君よ、責任者はマックスウェルの悪魔にならんといかんよ、エントロピーを減少させるんだ。なんてインテリぶってんじゃねー二浪の高卒。高卒のボルヘスを見習え。

俺はあの人の優しさが好き。優しさってみんなが言う様な狭いもんじゃないと思うんだな。もっとぼんやりしてていい。優しいねって言われて「ほんとは優しくなんてないのに」と自己嫌悪になったり八方美人な自分にたまに嫌気がさしたり、そういうの全部優しさ。はい俺の定義。キモイネー、言葉にして狭くしてんのは俺じゃん、馬鹿じゃん。

あの人はきっと人間が好きなんですよ。所詮俺も一般化された中の村人A。せめてXならカッケーのに、村人X!V.ならピンチョン。誤変換であの人の名前出すなギトギトするだろビルゲイツ。

そもそも同じ素粒子で出来てんだよ、俺もあなたもあの人も、聖徳太子もゴキブリも、太陽も糞尿も、気取ってんじゃねークォークども。僕だけプォークだって方いますか。

大体がさぁ、好意持たれてたところがデスヨ。借金百六十万薄給警備員で将来の夢は小説家、実績ゼロ! みんなが他薦して褒め合ってる中、お前の小説に触れてくれた人いたっけ? 色んな人が思う売れるだろう人物の中にことごとく入ってなかったね。俺だけわかってりゃいーんだよ、今に見てろ。て孤立を深めてあとで傷つくんだね、ダセーね。

あースサムスサムスサム! 井上ひさしはDV野郎だから絶対読まない。たまに思い出す最低で卑劣な犯罪。

て誰が付き合うんだよこんなドクズ、ただの命あるうんちじゃん。完全な事故物件、歩く大島てる、不動産業界を駆け抜けるセンセーション。なんだそれで借金消えるじゃんよ。おーーーーいスーモさーーーん俺はここだよーーーーー!! はいはい京の夢大阪の夢。

おーい、既婚者ぁ! 卍ノ輔? ああ、あのカスね。死んだよ、人殺しだしね。首吊りの代償を払え。

いいよもうなんにもいらない。自然豊かな場所でひっそりと息してたい。そんな時間ねーんだよ、働け働け。羽田ら家←この誤変換すごくない?

破裂しろ新潮新人賞! 死ね文藝賞! くたばれすばる新人賞! うせろ文學界新人賞! 群像? 群れた像てなんだよざけんな象さんに謝れ。

信じられねー感性ですよね? これでも三十路です、僕。余裕がねーからだよぉ。雪崩れてくる色んなもの受け止めてるうちに人生迷子。

仕事仕事仕事! 仕事仕事仕事! 仕事仕事仕事!

金くれ、愛くれ、生きててーよ。

最近全然自分のこと肯定してねーな。早よ死ね俺。ホラね♡

全然まとまりつかねーな、いいじゃんハメツハだもん、ステゴザウルスの脳みそめ。

久坂葉子もこんな感じかね? 幾度目かの最期。最初の最期すら来る気配なし。一生苦しみながら生きなさい。そりゃそうだ。

ところで卍ノ輔、お前小説書かねーの?

2020年1月31日公開

© 2020 伊藤卍ノ輔

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

私小説

"糞尿"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る