ありふれたエッセイ

亀頭院性

エセー

307文字

そろそろ風刺小説以外書きます。

やっぱり林原めぐみはこうでなくっちやねぇ。えぇ?何の事かって?そりゃ旦那「Cowboy Bebop 」に決まってるじゃありませんか。えぇ?何で今になってそんな昔のアニメにこだわるんだい?

旦那ァ、そりゃ女性の全員が全員おしとやかで、男の話をにこやかに聴くタイプだけだったら、世の中つまらないじゃあないですか?手のつけられないじゃじゃ馬で、主人公とその相棒の元警官にいつも悪態ばかりついてる、でも本当は主人公の事が何よりも心配。最終章前編何かアレじゃないですか?ギャップ萌え。最近のアニメ作品は、どうもあたしにゃ、てんで愛が感じられないんですわ。登場キャラクター1人1人への愛が感じられないんでさぁ。

 

2019年1月4日公開

© 2019 亀頭院性

読み終えたらレビューしてください

リストに追加する

リスト機能とは、気になる作品をまとめておける機能です。公開と非公開が選べますので、 短編集として公開したり、お気に入りのリストとしてこっそり楽しむこともできます。


リスト機能を利用するにはログインする必要があります。

あなたの反応

ログインすると、星の数によって冷酷な評価を突きつけることができます。

作品の知性

作品の完成度

作品の構成

作品から得た感情

作品を読んで

作者の印象


この作品にはまだレビューがありません。ぜひレビューを残してください。

破滅チャートとは

この機能は廃止予定です。

タグ

この投稿にはまだ誰もタグをつけていません。ぜひ最初のタグをつけてください!

タグをつける

タグ付け機能は会員限定です。ログインまたは新規登録をしてください。

作者がつけたタグ

散文 文芸評論 書評

"ありふれたエッセイ"へのコメント 0

コメントがありません。 寂しいので、ぜひコメントを残してください。

コメントを残してください

コメントをするにはユーザー登録をした上で ログインする必要があります。

作品に戻る