404: ページが見つかりませんでした 1,957件

  1. 岡本尊文とその時代(二十五) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 12時間前 New!
    • 3,223文字

    ルールは、俺の頭上から深い影を落とす、巨大な手だけが知っている。

  2. ハートシェイプトボックス 第10回 ハートシェイプトボックス / 小説

    • 多宇加世
    • 2日前 New!
    • 8,224文字

    「ああそうだ。証人を呼ぶ前に、一つ尋ねます。この問診への返答は、効力を持ちます。あなたは昨日、誰かと接触しましたか?」

  3. 峯岸は、まだ26歳。 小説

    • 佐々木崇
    • 2日前 New!
    • 126文字

    峯岸みなみってさ、ちょっとマキバオーみたいな顔してるだろ? なんか、気がついたときにはトップ集団に居ないとおかしい顔なんだよね。 だから何って? やっぱり女は、カッコいい奴が最高に映えるなと。言…

  4. 探す女さなえさん 終の果ての隔離室 / 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 4日前 更新
    • 17,751文字

    必要のない物は東京で処分したが、最低限の荷物を引っ越し屋さんは高校生まで使っていたわたしの部屋まで運んで行く。味気のない白いダンボールだ。引っ越し屋さんはすべてのダンボールをわたしの部屋に運ぶと…

  5. 女子高生のさなえさん 終の果ての隔離室 / 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 4日前 更新
    • 15,824文字

    世司のことは彼が激しくいじめられているからこそ好きになった。わたしも中学校以来、ほぼ常に虐められているし世司は気にならなかったらしいが、高校でも虐められていた。それは世司が受けている虐めに比べれ…

  6. 高校生の飯塚くん 終の果ての隔離室 / 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 4日前 更新
    • 16,964文字

    ぼくには特殊能力がある。ぼくにしか見えない、吸い込んだらぼくのことを嫌いになる霧を身体から出す能力だ。小学生の頃、研究者のお父さんが調達してきたへんな薬を一年ほど飲み続けたら、ぼくの意思でその霧…

  7. 幽閉されている飯塚くん 終の果ての隔離室 / 小説

    • 瀧上ルーシー
    • 4日前 更新
    • 17,613文字

    ロングスカートの白衣を着た看護師さんにお湯で絞ったタオルで身体を拭かれる。この看護師さんはぼくがここに来てから五、六人目の看護師さんだ。水を使わないシャンプーで頭も洗われた。ぼくはネームプレート…

  8. ハートシェイプトボックス 第9回 ハートシェイプトボックス / 小説

    • 多宇加世
    • 4日前 更新
    • 8,896文字

    回り続ける独楽を想像してもらえれば、動き続けることによって得る中心とブレのノイズについてわかりやすいかもしれない。だが、中心にいま、僕はいるのか?

  9. 岡本尊文とその時代(二十四) 岡本尊文とその時代 / 小説

    • 吉田柚葉
    • 4日前 更新
    • 3,740文字

    案外、こう云う仕事を選ぶ人はそう云った人が多いのかもしれませんね。

  10. 集中豪星 小説

    • 長崎 朝
    • 7日前 更新
    • 13,649文字

    やまない雨はないけれど、降りやまない星ならここにあります。