404: ページが見つかりませんでした 1,370件

  1. 箒星の祈り 小説

    • 村崎羯諦
    • 12時間前 New!
    • 13,274文字

    初冬。どこか圧迫感さえ覚える、低く、しかし澄んだ青空。肌寒さを感じる気温。そんなある昼下がりに、新留芽衣は約三日ぶりに僕の1kアパートにやってきた。 玄関の扉を開けるやいなや、彼女はチャイムを鳴…

  2. ピカピカ

    • 永夜 はまか
    • 1日前 New!
    • 135文字

    あなたの近くにも「ピカピカ」がきっとある。

  3. 早瀬少年記 第2章 再会 少年記 / 小説

    • 永夜 はまか
    • 6日前 更新
    • 904文字

    「2017年2月、中学3年生だった僕は、私立の中高一貫校を受験した。 本音をいうともう学校になんて行きたく無かったのだが、今時中卒はキツい。何かこれといった特技でもあれば話は別だったが、あいに…

  4. 枯れた葉、落ち葉

    • 朔の日
    • 9日前
    • 982文字

    詩になれませんでした。ただの会話でした。

  5. おへそ(テオフィル・ゴーティエ)

    • BLV
    • 9日前
    • 310文字

    Théophile Gautier, LE NOMBRILの翻訳

  6. 百合は未知なるインヴィトロ 小説

    • 春風亭どれみ
    • 11日前
    • 6,160文字

    以前、他投稿サイトさんで習作で書いたものでした。

  7. 騒音と鼻炎 小説

    • TRiPRYO
    • 12日前
    • 11,559文字

    おもてでは戦争がはじまったらしい。激しい機銃掃射の音が聞こえる。 おれは昨晩履いていたジーンズを捜索、炬燵の中から引張りだし、両方の裾を掴んで、逆さまにして振った。ぼとっ、と無様に変形した「エコ…

  8. 引きこもりの下半身事情 小説

    • 村崎羯諦
    • 15日前
    • 3,774文字

    でっぷりと太った引きこもりの脚は、次第に座っている椅子と同化していった。

  9. 天井 小説

    • TRiPRYO
    • 19日前 更新
    • 4,130文字

    観念的で他人に伝えられない感覚を、一幕の光景で表現しようとしてみました。

  10. およそ365日のひそやかな戦争 小説

    • 斧田小夜
    • 20日前
    • 12,657文字

    りん、と毎日一度だけ電話は鳴り、そして静かになる。君が私に送るメッセージ。 星空文庫に掲載していたものを加筆修正しました。