破滅派 ランキング

ページビューを元に計算される厳粛なランキングです。

ランキングの仕組み

歴代ベスト(評論部門) 24件

  1. 8

    縄文小説参考文献『二千七百の夏と冬』レビュー 評論

    • 高橋文樹
    • 4年前
    • 3,473文字

    本稿は破滅派主催の縄文小説ワークショップの参考文献レビューである。萩原浩著『二千七百の夏と冬』を取り上げる。

  2. 10

    「葉桜と魔笛」論 評論

    • 花藤義和
    • 13年前
    • 0文字

    2000年、太宰治がかつて在籍した東大仏文科には、先人をほうふつとさせるキチ○イじみた学生がいた。学内で物議をかもしたアブノーマルなレポートを全文掲載。

  3. 14

    BBAはなぜ通報するのか。― ジャイロのミニカー乗りの事例を鑑みながら ― 評論

    • しょうだまさとも
    • 4年前
    • 4,975文字

    学術論文: BBAはなぜ通報するのか。― ジャイロのミニカー乗りの事例を鑑みながら ―

  4. 17

    泡沫候補研究 評論

    • 高橋文樹
    • 13年前
    • 4,934文字

    2007年4月8日。得体の知れない男が東京都知事選に討って出た。その名も外山恒一。時代のアダ花? 真の革命児? 正直どっちでもいいんですけど、破滅してそうなんで、いまさらながら取材してきました。

  5. 24

    無底と喪失(1) 評論

    • 月形与三郎
    • 10年前
    • 11,973文字

    書くことの倫理とは何なんだろう。鎌倉時代初期の歌人にして公人であった藤原定家に接近した三島由紀夫、その交接点を論点に据えつつ、古今東西のエクリチュールを探訪しつつ。

  6. 56

    無底と喪失(4) 評論

    • 月形与三郎
    • 10年前
    • 12,350文字

    書くことの倫理とは何なんだろう。鎌倉時代初期の歌人にして公人であった藤原定家に接近した三島由紀夫、その交接点を論点に据えつつ、古今東西のエクリチュールを探訪しつつ。

  7. 63

    国歌の花道 評論

    • 太郎次郎ゴロー
    • 13年前
    • 20,137文字

    ほとんど見向きもされない音楽ジャンル「国歌」はこれほど豊饒な世界だったのか! ていうか、ガキに無理やり歌わせようとしてんじゃねー。

  8. 71

    無底と喪失(2) 評論

    • 月形与三郎
    • 10年前
    • 14,595文字

    書くことの倫理とは何なんだろう。鎌倉時代初期の歌人にして公人であった藤原定家に接近した三島由紀夫、その交接点を論点に据えつつ、古今東西のエクリチュールを探訪しつつ。

  9. 121

    佐川恭一、あるいは置き去りにされた性欲の純烈 評論

    • 高橋文樹
    • 1年前
    • 3,076文字

    佐川恭一という作家をあなたは知っているだろうか。もしまだ聞いたことがないのであれば、本論はそのよき道しるべとなるだろう。

  10. 165

    『受賞第一作』解説全文(樋口恭介) 評論

    • 佐川恭一
    • 8ヶ月前
    • 5,189文字

    文學界に新作『瞬きと瞬き』が掲載されたばかりの気鋭のSF作家・樋口恭介による『受賞第一作』解説全文を公開!佐川恭一作品全般をより楽しめるヒントも多く散りばめられており、作品を買わずとも読み応えの…

ランキングトップへ


ランキングの仕組み

基本原則

  • ランキングは任意の期間でページビュー(以下PV)が多い順に決定されます。
  • PVとは、そのページが表示された回数です。これにより「その作品を読もうとした人」の数を擬似的に表現しています。
  • この基本原則は変わることがあります。

データ収集の仕組み

  • Google Analyticsという計測ツールを利用し、誰かが作品ページを開いたときにPVを取得してします。
  • 現在はPVであるため、同じ人が何回も同じページを開いたときもカウントされます。(※今後は改善する予定です)
  • 毎日深夜に前日のPVを記録し、集計用データとして保存します。
  • 集計中のランキングには「現在集計中」と表示されます。確定したランキングには「確定」と表示されます。

おまけ

  • 2014年9月現在、毎週一回金曜日にランキングを作成し、1位になった作品にAmazonギフト券500円をプレゼントしています。(※これは暫定的なキャンペーンです) このキャンペーンは2016年3月末日をもって終了します。新しいおまけをご期待ください。