谷田七重の投稿一覧 24件

  1. 此岸からの祈り 此岸からの祈り / 小説

    • 谷田七重
    • 3ヶ月前
    • 17,978文字

    〈マグダラのマリア〉を下敷きに、現代を生きるひとりの風俗嬢を描いた物語です。私の短編集『ワンルーム・ミラージュ』所収の「シャボン」がお好きな方には、ぜひ読んでいただきたいです。

  2. 裏路地ラビリンス 此岸からの祈り / 小説

    • 谷田七重
    • 4ヶ月前
    • 3,379文字

    合評会2021年1月・テーマ「初〇〇」「〇〇初め」「〇〇始め」ということで、私は「初〇〇」で書きました。きゅんっ♡としてもらえたらうれしいです。

  3. ゆきずりの祈祷 小説

    • 谷田七重
    • 5ヶ月前
    • 977文字

    街灯しかない雪道に亀頭がふるえているだけの掌編です。ゆきのまち幻想文学賞に出すには短すぎるのでこちらに。1分で読めます。良いお年を。

  4. 鈍行の女神 此岸からの祈り / 小説

    • 谷田七重
    • 7ヶ月前
    • 8,822文字

    あなたにとって、忘れられない人は、どんな匂いをしていましたか。いくら写真を見返そうが、たとえメッセージを送り合おうが、電話で話そうが、ビデオ通話で話そうが、その肌の温気、匂いは時間と距離に遠く隔…

  5. 立ち迷う エセー

    • 谷田七重
    • 1年前
    • 801文字

    去年の末に書いた短いエセーです。「香り」というテーマに「失恋」を絡めてみました。

  6. 枯れてなお 此岸からの祈り / 小説

    • 谷田七重
    • 1年前
    • 4,090文字

    合評会・テーマ「不要不急」応募作です。川端康成の著作「化粧の天使たち」の中の『花』に「別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。」というのがあるそうです。

  7. ジルコニア 小説

    • 谷田七重
    • 1年前
    • 7,928文字

    道端に落ちているものから言葉を拾ってそれを小説に仕立て上げようとする哲司。その日も地面を見つめながら歩いていると、蟻の行列に遭遇する。――このごろ「感染」で何かと騒がしいですが、こんなささやかな…

  8. ペンギンをめぐる幾重もの夜 小説

    • 谷田七重
    • 1年前
    • 9,141文字

    「飛ばない鳥」は何でしょうか?ペンギン?はいブッブー

  9. 放し飼いの鳥 小説

    • 谷田七重
    • 2年前
    • 4,031文字

    合評会・テーマ「善悪と金」応募作です。は?このテーマ難しすぎん?て悩んだ結果、卑近な内容になりました。

  10. いつかあなたの肩先にかすめたもの ワンルーム・ミラージュ / 小説

    • 谷田七重
    • 2年前
    • 4,067文字

    合評会・テーマ「高タンパク低カロリー」応募作。自分で考えたお題ながら予想以上に苦しんでしまいました。あとはもう読者にゆだねるしかないので煮るなり焼くなりお好きにどうぞ。